餞別・のし袋の書き方や相場・お返しやマナーなど

転勤でいただいたら・・

餞別を転勤で頂くってことはよくあることです。
このような時は、お返しは必要なのでしょうか。
それとも、転勤の餞別時はお返しは必要ないのか、必要ならどのようにすればいいのか悩んでしまいますね。

餞別を贈る人がいれば、もらう人がいます。
もらうときはいろんな場合があります。
例えば、結婚、出産、長寿、新築、受賞などの大きなお祝いごとで、何かお祝いをもらうと、一般的にお返しが必要となります。
これは、内祝として喜びを分け与えるという風習からきています。
逆に弔事での香典にもお返しが必要となります。
さらに、転勤や誕生祝い、入学、母の日や敬老の日など個人へ贈られるようなものや、お見舞いには、特にお返しは必要ないとわれています。この中にも餞別が入っています。
必ないといわれていても、お返しするのが日本人のマナーであるかもしれません。

しかしこれもケースbyケースで、実際は贈答品、選別をいただいた場合は、正式には座敷に通して受け取ります。
そして、出された金品は盆ごと受け、いったん床の間や飾り棚などの一段高いところへ納めます。
これは本当に日本古来の正式ないただき方です。
ふくさを返すときは、裏面を表に出し、盆に納めて返すのが正式なスタイルだそうです。
贈りものを託送された場合は、受け取った報告とお礼のあいさつを手紙などで伝えましょう。

先ほど述べたように、栄転・昇進・転勤などで、餞別をいただいた場合はお返しはしません。
転勤などは二度と会うことがないだろうと推測されるのでお返しは難しいものです。
新しい転勤場所についたときに無事や状況を知らせる挨拶状などにお礼の言葉を添えればよいでしょう。
また、個人的にお世話になった方から頂いた場合でもお礼状だけは出しておきましょう。
また、転勤で餞別を頂いた場合もお返しは不要であるとされています。
但し、同じようにお礼状を出すのがマナーです。
礼状には転勤先の会社や地域の雰囲気などを書くといいと思います。、
また、金額的に多く頂いたと思う場合は転勤先の名産品特産品などを礼状と一緒に贈るといいのではないでしょうか。

お返しのタイミングも大切です。遅すぎないように見計らって、贈りましょう。
お返しをするタイミングを失ってしまったと思う時は、お誕生日やクリスマスなどイベント時に、季節の挨拶として、さりげなくプレゼントって感じでお返しするのもよいでしょう。

お返しはいらない
転勤でいただいたら・・
餞別の項目
友達や家族、会社の同僚、上司に栄転、退職、結婚、引越し、には餞別について調べてください。

  • 退職餞別、のし袋、金額
  • 相場、マナー、お返し
  • のし袋、祝儀袋、奉献
  • 転勤、封筒、引越し
  • 祝儀袋、書き方、表書き
  • 熨斗袋、水引、送別会
  • プレゼント、品物、旅行
  • 贈り物、上司、新札
  • 海外赴任、熨斗、金封
  • 記念品、礼状、留学
  • 新婚旅行、異動
  • ビジネスマナー


  • 選別では金額の相場や熨斗袋の書き方やマナーなど悩むことが多いですね、また選別を受ける側もお礼状の書き方や礼状を送る時のマナー気に掛かることが多いです。 選別について悩んだ時、参考の一つとして当サイトをご利用下さい。
    • ライブドアブログ
    <相互リンク>
    エアプリエ 通販
    菌ピタ君 通販(足の臭い対策)
    滋賀の結婚相談所ラニブラダル
    損益を最小限に